写真家 長瀬 正太 公式ホームページ


 

写真家 長瀬正太公式サイトへのご来訪、誠にありがとうございます。

 

風景と草花のマクロをメインに撮影し、写真教室・撮影会・セミナーなどの講師をしております。

 

「見える世界が変わる」

 

そんな感動を共有したり皆さんが体験するお手伝いが出来たら嬉しく思います。宜しくどうぞお願い致します。

 

SNS

Facebook メイン

Twitter 写真関係の呟き

Instagram 写真ギャラリー

 


4/21(日)富士山の長時間露光撮影会

TAKASHIさんとご一緒させて頂いて、4/21(日)に富士山の長時間露光の実践撮影会を行います。

※詳しくはこちら

 

湖畔で日が昇った後の時間でもフィルタリングをして長時間露光をするコツをお教えしたり、近くのミュージアムの一室を特別に使わせて頂いてレタッチのセミナーも同時開催いたします。

※NiSiからNDフィルターの貸出もございます。

 

この写真は「タングステン銀残し」という手法でレタッチしていますがこちらも解説させて貰っちゃおうかなと思っております。

ご興味ある方はぜひ。

 


ヒーコにて最新のMacro記事が公開されました。

 

「マクロで春を先取り!桜がふんわり優しく撮れちゃうたった2つのコツ」

 

この季節にぴったりのコツを書いたので宜しければぜひとも読んでみて下さい。

撮影会の時にアウトフォーカスマクロについても知りたい方がいらっしゃれば直で聞いて下さい。

 



3/10(日) 米津 光「長時間露光の新たな表現を求めて」レポート

初めてこの方の写真に出会ってから11年…遂に実現しました。

なんと、長時間露光のパイオニアである米津先生と一緒にセミナーを行わせて頂きました! 

 

2008年のデジタルカメラマガジンで「先駆者の現場」という特集があり、そこで米津先生が特集されていました。

そこにある小さな現場写真を必死に覗き込んでは「どんな道具をどのように使っていらっしゃるのだろう。」と探り、そこにある記事の一言一句から「どのような考え方でこの世界観を見つけ出すのだろう。」と何度も何度も読み返したのを覚えています。

 

そんな私の写真の根幹を作って下さった米津先生、ご本人から考え方も被写体の探し方も48年間培ってきた長時間露光のノウハウもお伝え下さるという…

さらには、私自身も今回はレタッチノウハウについて一から煮詰め、レタッチ要素を「色 光 構図」として体系的に分かりやすくお教え出来るように致しました。

 

米津先生も仰っておりましたが「普通に撮っていても面白くない。」

そんな「新しい写真世界に触れて学びたい」という方が集まって下さいました。

セミナーレポートはこちらからどうぞ。

 

また機会を設けたいと思っておりますので今後共宜しくどうぞお願い致します!

 

 



1/29(火)今どきアート2019 -つなぐ・比べる -

1/29より富岡市美術博物館・福沢一郎記念美術館にて、富岡市在住のI氏のコレクションから小松美和や鬼頭健吾をはじめとする現代若手作家の作品が紹介して頂きました。

 

こちらの「今どきアート2019 -つなぐ・比べる-」コレクション展の末席に私の流し花火和紙作品も一緒に並ばせて頂きました。

 

- 3/17 I氏ギャラリートークより -

 個人所蔵の現代アート作品だけで構成された毎年恒例の企画展示なのですが…改めて内容をみて驚きました。

そして、そこに自分の作品も一緒に並んでいる事がとても光栄に感じられました。

ギャラリートークは各々の作品についての思い入れやどのような意図で作られたものなのか…などの解説。さらには鈴木 ヒラク先生の作品にフラッシュを当てて解説(ここの照明係が私です 笑)。

私が印象に残っているのは、お客様の「何を基準にして購入しているんですか?」という質問に対してI氏は「直感です。」とスッパリと答えたこと。

「おぉ、その直感に私の作品も引っかかってくれたのか」と内心ニヤニヤしながら聞いておりました。

さらには「集めたものを見ていくと、今まで誰もしたことがないことをしている作家さんが好きなんだなって感じます。」と。

私の花火に関しては「ドーンと上がる花火をただ撮るのではなく、他の生命へと昇華させている事が面白いと思った。」と。

その言葉を聞き「私の目指した表現はこのようにして伝わるのか。」と感動致しました。

飯野さん、ありがとうございます。

 

3/31まで富岡市立美術博物館にて開催。

作家は順不同にて、涼・山口 英紀・モニョチタポミチ・ましも ゆき・大竹 夏紀・田村 吉康・ミヤタ ケイコ・長瀬 正太・片山 真理・三島 菊名・山崎 良一・富田 菜摘・戸泉 恵徳・森 洋史・照井 譲・宮本 京香・小松 美羽・下田 ひかり・入江 明日香・ニコラ ビュフ・鈴木 ヒラク・鬼頭 健吾・木村 勘太・富田 伊織・3-three・世良 朗二・石山 浩遠・新谷 仁美・丸尾 結子・高田 雄平

 



フィルターメーカー NiSi より依頼を頂き公式WebMagazine「Photographer+N」にて記事を連載しております。

可変NDフィルターという便利なフィルターに特化して書かせて頂いておりますのでお読みになってみて下さい。

 

可変NDフィルターで広がる写真表現 vol.1 

可変ND×手持ちスローシャッターがとらえた手筒花火

 

可変NDフィルターで広がる写真表現 vol.2 

可変ND×青い時間に出会う青い風景写真

 

可変NDフィルターで広がる写真表現 vol.3

可変ND×”水と光のArt” 見せ方に合わせたフィルタリング法 

 

可変NDフィルターで広がる写真表現 vol.4

可変ND×”水の微細な表情”を捉えるためのシャッタースピードコントロール

 

可変NDフィルターで広がる写真表現 vol.5

可変ND×ND1000の併用で見えてくる”新しい写真世界”

※以後も連載予定ですのでお楽しみに。

 



話題のフォトグラファーによる写真とカメラのWEBマガジン「ヒーコ」


- レビュー編 -


- 技法&レタッチ編 -


- 風景編 -


- マクロ編 -


- セミナーレビュー編 -

2017-10-14

感動を写真に乗せよう!長瀬流・風景写真セミナー撮影&レタッチ基本編

 

50名近くの方にご参加頂き、本当にありがとうございました。

参加者の皆さんが非常に熱心で真剣に話を聞いて下さるので講師としてもとても楽しかったです。

 

風景写真の現場でのアプローチからレタッチソフトでの仕上げ方までの全般を系統立ててご説明致しましたのでこれからの季節の写真撮影にどんどん活かして頂ければ幸いです。

2018-6-28

6/17(日)マクロ撮影セミナー!優しくふんわりと表現する方法を実践セミナー【初・中級編】

 

渋谷ヒカリエにてほんわかマクロ撮影セミナーを開催致しました。

沢山の方に「実際の撮影が見られて分かりやすかった」「どんな準備や態勢で撮影しどれくらい沢山撮影するのかなど分かって良かった」などご好評を頂きました。