私が日頃心がけている事や心に残った言葉を綴っておこうかと思います。

No.14

 

・気がつかないだけで世界は美しいよ。

世界は美しいって映画を作るんだよね。

 

                    by宮崎駿監督

 

 

私もカメラを持つことによって「世界は美しい。」ということに気がついた一人。

 

でも写真は絶対に「見たままを見たままに」描いてはくれない。

だから私は「写真でしか見えない世界」を追いかけている。

 

世界は美しいって写真を撮りたい。

 

 

No.13

 

・ルール

 

カメラマンは一人一人がそれぞれのルールを持っている。

だから「私はこうだ。」「いや、私はこうだ。」とぶつかり合う事は当然のこと。

 

ただ、自分に合わないルールを頭ごなしにただ否定をしているだけでは自分自身のプラスにはならない。

まずどんなことでも一度自分の中に入れ・・・良いものは吸収し、合わないものは分けておく。

この時「合わないもの」も捨ててしまうのではなく手の届く所に置いておくといい。

いつかそれが理解できたり自分の役に立つ時もくるかもしれないから。

 

それくらい貪欲にどんなことでも自分の写真の為に吸収していくことで「自分だけのルール」は作られる。

 

No.12

 

・漫画

 

小さな頃から漫画が大好きで大好きで、時には憧れて絵を描いたり話を考えたりする事もあった。

けれど、自分の想像力では自分の想像出来る範囲でしかストーリーを考えられない事に気づいた。

そう、私が大好きな漫画は全てストーリーが「私の想像の外からやってくる。」

だから驚くし感動するし憧れるのだと。

 

そして、マクロで初めて菜の花を撮った時、側溝に片足を突っ込んでつくしを撮った時、今まで見たことのない映像が「私の想像の外からやってきた。」

それが私の写真の原点。

 

魂が囁くんだよ・・・写真を撮れと。

 

No.11

 

・私は実はものすごい「めんどくさがり」です。

カメラを始めた頃も今も、変わらず・・・。

 

朝とか夜中に起きて出掛けるのもめんどくさい。

何時間も車を運転するのもめんどくさい。

車から現場まで歩くのもめんどくさい。

三脚を持っていくのもめんどくさい。

レンズ交換するのもめんどくさい。

車に置いてきてしまった広角レンズを取ってくるのもめんどくさい。

もう数cm動けば良くなると分かっているけど三脚&カメラを動かすのもめんどくさい。

雨の中の撮影もめんどくさい。

PLフィルターつけるのも効果出てるのか回して確認してみるのもめんどくさい。

写真の露出とか色バランスとか考えるのもめんどくさい。

RAWで撮影して後から現像するのもめんどくさい。

新しくパソコンの操作を覚えるのもめんどくさい。

Photoshopは出来ることが多すぎて覚えることも多すぎてめんどくさい。

ちょっと思っていたのと違った色で出てきた写真をプリントし直すのもめんどくさい。

写真のタイトルを考えるのもめんどくさい。

なんかもうシャッター押すのもめんどくさい。

 

でも、ふと気がつくとその「めんどくさい」を夢中になり超えている時がある。

すぐにまためんどくさくなっちゃうんですけどね(笑)

 

No.10

 

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、

僕はそうじゃない。

 

努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、

僕はそうだと思う。

 

人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

 

 

・夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を

出せるようになっていきます。

 

しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。

 

 

・夢は近づくと目標に変わる。 

 

・自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。

それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから。

 

 

                          by イチロー選手

 

 

なんだか、こうやって並べてしまうには勿体なさ過ぎる気もする位、どの言葉も凄いですね。

常に努力を惜しまないで結果を出し続けているイチロー選手だから言えることだとも感じますし、そんなイチロー選手が言うから響くのだと思います。

 

チャンスは必ずくるものなんだと思っています。

その時に自分にそれをものにするだけの実力が備わっているのか、それだけの準備を日々してきているかどうか。

 

まだまだ、まだまだ・・・と。

 

 

No.9

 

・「努力は人を裏切る」。

 

努力したって成功するなんて保証は何もない。むしろ失敗する可能性のほうがはるかに高い。

 

水木先生はそう言い切る。

 

じゃあ努力なんて無駄じゃないか!とはならない。

好きの力を信じ、しないではいられないことをし続けていれば、努力すら楽しい。努力そのものが喜びに満ちている。

 

                   -「水木さんの幸福論」記事一部抜粋-

 

 

結局、死んでしまってどんなに積んだ経験も技術もなくなってしまうなら・・・

「じゃあ生きてるのなんて無駄じゃないか!」

とはならない。ですよね。

 

結果をだすことや、結果そのものに意味があるのではなく・・・その過程をどれだけ楽しんでいけるかが大事なんだなぁと強く感じます。

 

No.8

 

・カメラは、記録という意味で言ってしまえば・・・


目で見たものを、動きもなく、音もなく、匂いもなく、限られた狭い空間をどこかで区切り、三次元を二次元(平面)に劣化させてメモリーさせる装置。


でも、逆に言えば、平面で世界を区切り、音も香りも伝えず、永遠に時を止める。


これら全てに意味が見いだせた時、カメラはただの二次元ではなく「写真でしか表現できない世界」を表すことが出来る唯一の装置になる。


No.7

 

・レタッチ(画像補正)はどこまでやっていいのか。


 

デジタル写真を学んでいくと、レタッチは「どこまでやっていいのか。」という問題にぶつかりますよね。


個人的には「いくらでもどこまでもやっていい。」「ただし、そのレタッチ一つ一つに意味があるなら。」と考えています。

 

前者の部分がないと試行錯誤に膨らみが出ませんし、後者がなければ自分の写真にレタッチをする意味が出てきません。

 

No.6

 

・「才能は物量で越えられる!!」

                                                   by 漫画家・羽海野チカ先生

 

・中学の頃から書き溜めているネタ帳123冊。

 

・漫画の為の資料写真10万枚。

 

・絵の練習を(人気連載抱えている)今でもやってる。ものすごくやってる。

 

・例えば、「3月のライオン」の零くんに一つ事件が起きて「どうする?」となった時に20個ぐらいエピソードが出てくる。

(羽海野さんの場合)そこから試行錯誤して一番良いストーリーを選ぶのに一番時間がかかる。

 

・無限にある選択肢をひたすら、切って、貼って、切って、貼って・・・・!血反吐を吐くほどの努力。

羽海野さん「ベストな状態で我が子を送り届けたいんじゃ・・・。(ゲッソリ 」

(注:女性です。いや、熊かも(汗)

 

・みんな◯◯さんみたいに「才能がないからできないんだ。」って思いがちだけど・・・「才能は物量で越えられる!!」

 

・編集◯島さん「あの人ができるのは天才だから。」「才能があるから。」そう思えば楽でしょうけどね。

担当T田さん「プロがこんだけやってんだ。お前らはそれ以上やらねぇと追いつけねぇぞ。」


「3月のライオン・おさらい読本 初級編」内「ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り・羽海野編」より抜粋

   _________________________________________

 

漫画家の「絵」然り、ギター奏者の「ギター」然り、歌手の「声」然り。

まずは自分の持っているものを理解し、自由自在に扱い、最大限に表現の幅を広げる。

またデジタルカメラは、その為の練習や試行錯誤をそれほどお金をかけずに無限といえる程に撮影して身に付ける事が出来る。

 

「上手い」だけの人はいくらでもいる。それを越えられるのは物量なのかもしれない。

その物量をこなすのは「苦痛」や「面倒」かもしれないが・・・それらを「楽しい」や「こだわり」に変えてくれるのが「夢中になる」という事なのではないだろうか。

 

No.5

 

「大事なことは大抵めんどくさい」

 

                       by 宮崎 駿監督

 

 

確か、ドキュメンタリー番組の中で宮崎駿監督が仰っていた言葉。

 

宮崎駿監督という人は、自分が納得のいくまで何度でもリテイク(やり直し)を出す。

徹夜になっても、締め切りが迫ってきていても、自身の身体がボロボロでも・・・

「違う、人間の体はこう動くようには出来てない。」

 

「ほんの一瞬なんだから見てる人には分からないし、いいじゃん(汗)」と誰もが考えるような細かい所にもこだわる。

 

例えどんなに面倒で退屈な作業の繰り返しでも、それを大事に出来る事、それを越えられる情熱がある事。

 

それが宮崎監督作品の「言葉では伝えることが出来ない感動。」に繋がっているのだと思う。

 

 

つまり、「めんどくさいと感じることは大抵が大事なこと。」

 

実は、誰よりも自分自身が心の中で「それ」をしないよりはした方が良いと感じている・・・けれど、「それ」をするのはめんどくさい。

 

だから、めんどくさいと感じた時点で「それ」はとても大事なことだと気づいているのだ。

 

 

私もそんなめんどくさくて大事なことをコツコツと積み上げていき・・・いつか誰かに「言葉では伝えることが出来ない写真ならではの感動。」を伝えられたらなと思う。

 

 

 

No.4

 

・デジタルの最大の恩恵はその「試行錯誤」の数。


1.撮ったその場で見られる。


2.沢山撮れる。


3.見比べることが容易。


4.いくつもの手法を試し、それらを並べて見比べる事も出来る。


5.「ダメだ」と感じたらその場ですぐにもう一度挑戦する事も出来る。


6.今までラボでやっていた作業を全て自分で出来る。


7.また、それらをありえない程に細かく全てのステータスを調節する事が出来る。

 

8.現場での試行錯誤をPC上での作業に活かし、PC上での試行錯誤を次の撮影現場で活かす。

良かった写真は「なぜ良く撮れたのか?」

悪かった写真は「なぜ悪く撮れたのか?」

全ての写真に意味があり、試行錯誤することで必ず次に活きていく。




No.3

 

「守破離」

 

日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。

日本において上記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。

 

最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。


                            by Wikipedia

 

 

写真において、私はこの「守破離」がとても重要だと思っています。

 

まずは基本を身に付けること。

師事している先生の言われる事や本に書いてある事などを素直にとにかく自分でやってみること。


私自身、この土台となる部分を亡き恩師に厳しくお教え頂けたのはとても幸運でした。

 

ただ・・・ふとした時から、自分の中で「もっとこうした方が良いんじゃないか?」という疑問が湧いてくるようになりました。

でも、今まで覚えてきたこととは違う。

 

そこで、「教えられたとおりにだけやっていこう。」と捉えるか、「とにかくやってみるか。」と捉えるか。

 

私はそこで、さらに幸運なことにNo.2の米津先生の言葉に出会いました。

「やっちゃいけないことなんてない。」

 

あぁそうか、やってみて初めて分かるんだな。と。

やっちゃいけないよ。と言われていることをやってみると・・・やはり痛い目をみます。

それで初めて「あぁ、だからやっちゃいけないと教えてくれたのか。」と実証出来るんですね。

そして、そんな事を繰り返していると・・・時に、やっちゃいけないと言われていることの先に新しい世界に出会えたりするのです。

 

たぶん、これが「破」になるのではないかなと思っています。

 

では「離」は何か・・・?

これは私は「自分らしさ」だと思います。


とにかく人に言われたことを守り、本に書いてあることを真似し、様々なことを自分自身で実証していく。

 

そうした積み重ねによって、全ての動作や設定・行為に自分だけの意味を見いだせる事だと思います。

 

まだまだ私自身、自然の見せてくれる光景に圧倒されて何一つ自由にならないこともありますが・・・

いつかは全てを自在にし、自分の思うとおりに表現出来たらなと思います。

 

 

 

No.2

 

・「写真にやっちゃいけないことなんてない。」

 

逆に、やっちゃいけないと言われるとやりたくなる(笑)

例えば、露出補正を+4とか+5、-4とか-5にしても失敗写真になるのは目に見えている。

でも、そこでシャッターを押してみるとその先に新しい世界が開かれる時があるんです。


                           by 米津 光先生

 

 

この言葉を聞いた時、私は本当にショックを受けました。

と同時に私の撮ることが出来る世界が途方もなく広がっていくのを感じました。

 

ちょうど私に写真の基礎を厳しく教えて下さった恩師が亡くなってしまい・・・自分の写真を自分自身で模索しなければいけない時期でもありました。

 

そこまで覚えてきた基本・定石・常識などなど「一般的にいって良い写真に仕上げるための手法」・・・これらをただ守るだけではなく、それらを破って見ることも大事なのだと気づきました。

破ることで、なぜ守らなければいけないのかが実証出来ますし、自分の常識を破った先に新しい表現に出会えることがあるからです。

 

それからはとにかく、自分の中での様々な行為や設定に「意味」を探り、試行錯誤するようになり・・・本当の意味での「正解」は自分の中にしかない事に気づかせて貰えました。


No.1

 

・全てのことに意味をこめる。


F値を5.6にしたのはなぜ?

露出補正を+1したのはなぜ?

その構図で切り取ったのはなぜ?

その白飛びに意味はある?

その黒つぶれに意味はある?

なんで三脚を使うの?

なんでそのレンズを使うの?

なんでしゃがんだの?

なぜそのようにトリミングするの?

そのレタッチの意味は?

どうして和紙を使うの?

どうしてその額を選んだの?

どうしてそのタイトルをつけたの?

 

なぜ・・・そこでシャッターを押したの?

 

What's New

Facebook登録も宜しければ是非。

 

  - Last Update -

2017.4.24

※ブログ