高ボッチ高原

「冬貴(とうき)」  銀残し処理
「冬貴(とうき)」  銀残し処理

皆さんこんばんわ。

 

いよいよ師走に入り朝晩の冷え込みも一層厳しくなってまいりました。

 

そこで、やはり冬は「霧氷が見たい!」ということで高ボッチ高原へと行ってきました。

 

 

その日は富士山も見えて雲海も素晴らしく霧氷もついてなおかつ陽も入るという最高のコンディション!

あっという間に時間が過ぎ去っておりました(汗)

 

いやぁ、それにしても長野でも有名な撮影スポットだけあってまだ真っ暗な時間から沢山の車が並んでいましたね。

また、皆さん「斜面撮りたいんならあっちの方が高台で開けているよ。」とスポットを教えて下さったり、なるべく周りに迷惑にならないようにヘッドライトをこまめに消したり、車のライトもものすごい早さで消したりとマナーの良さに感心致しました。

 

私が撮影に夢中になってしまいほとんどお話出来なかったのですが、日本を代表するようなカメラマンも数人いらっしゃいましたし、普段からこういった方々の指導や姿勢が周りに良い影響を与えているのだろうなと実感しました。

 

私も周りに良い影響を与えられるカメラマンでいられるようにますます精進していきたいなと思います。

 

更新情報

フェイスブック登録も宜しければ是非。

 

  - 最終更新 -

2017.10.18

※風景&ブログ