10/2 秋桜撮影会

「歓びの歌」
「歓びの歌」

皆さん、こんにちわ。

 

さて、先日行って参りました秋桜撮影会なのですが・・・本当に勉強になり新しい世界にも出会え、実りの多い撮影会でした。

 

「特許取っておきましょう(笑)」なんて皆で笑いながら話していた和合さんの撮影ポイントのコツはもちろん、富久さんと北村さんも持てる自分の技術や撮影のポイントを惜しみなく教えて下さいました。

 

右の写真は、その富久さん持参?のミラーレフレックス方式の500mmレンズで撮影したものです。

 

丸ボケがリング状になるのが特徴だと知ってはいましたが・・・良いですね!

このレンズ、めちゃくちゃ面白いです。

 

最短撮影距離が4mとか、どこまで離れるんだって最初戸惑いましたけど(笑)

この少し角度のついた三日月ボケやピントの前後のボケ方がなんでしょう・・・2線ボケになってるのかな。

これが堪りません。

個人的にはオールドレンズや低価格のレンズって様々なマイナス要素があるのだと思いますが・・・それが時に何とも言えない味として、そのレンズでしか出せない描写になったりしてすごいなって思います。

 

以前、知り合いのカビの生えちゃったレンズのオートFOGフィルター(笑)も良かったなぁ。

 

密かに耳をダンボにして和合流も会得出来ないものかと必死になってましたが、こんな風に新しい世界に出会える撮影会、来週の週末までやっておりますので「面白そう!」という方は是非♪

この500mmレンズも富久さんに言えばきっとまた貸してくれますよ。

 

※和合さんは8日・9日にまたいらっしゃいます。和合流をじっくり聞きたい方は週末。この500mmレンズをじっくり借りて撮ってみたいという方は平日の撮影会がお薦めです!

 

 

更新情報

フェイスブック登録も宜しければ是非。

 

  - 最終更新 -

2017.10.18

※風景&ブログ