真夜中の衝動

どうも、皆さんこんにちわ。

 

とある生徒さんが「静かな夜中に一人、パソコンで写真を見るのが楽しい。」なんて仰っていたのですが、私も写真を選別したりレタッチするのは真夜中が多いです。

 

「邪魔な外光がないのでモニターが見やすい。」ですとか、

「騒音もなく静かなので集中しやすい。」など、いくつか理由はあるのだと思いますが・・・。

 

私自身は「このまま今日が終わるのはなんか物足りない・・・何か出来ないかな。」と急にセンチメンタルになってとにかく細かいレタッチをしたくなります(笑)

 

写真の桜は、雨の中必死になって撮ってきた枝垂れ桜なのですが・・・しばらくは全くピンときませんでした。

「雨の中一生懸命に撮ってきた。」から「苦労したから良い写真」とはいきません。

 

でも、丁寧に丁寧にレタッチをして自分の意図が浮き上がってきた時・・・「あぁ、やっぱりここでシャッターを押した感情は間違っていなかったんだ。」と気付かせてくれます。

 

意外と私は、そういう衝動が自分自身の中から湧き上がってくるのをいつも待っている気がします。

 

更新情報

フェイスブック登録も宜しければ是非。

 

  - 最終更新 -

2017.10.18

※風景&ブログ