2018年

2月

15日

東京カメラ部「日本の47枚」入選

月華 ※入選作品ではございません。
月華 ※入選作品ではございません。

皆さん、こんばんわ。

 

去年のゴールデンウィークに知り合いのトークショーを見るために訪れた「東京カメラ部2017写真展」。

 

その写真展は規模の大きさはもちろん、何よりも展示されている作品の素晴らしさが今も記憶に残っています。

また、会場でお会いする展示者の方々も皆さん礼儀正しく、話をしていて憧れを抱いてしまうような方ばかり。

 

それ以来どうにかして自分もこの舞台の袖に加わりたい。と心に秘めていました。

それから一年・・・なんと今年の「日本の47枚」に入選。と同時に「東京カメラ部2018写真展」への参加も決定いたしました。

選出して下さった東京カメラ部様、本当にありがとうございました。

 

一年前、くしくもその知り合いがトークショーで語った言葉

「今はネットで気軽に応募出来る時代。挑戦しない理由がない。」

 

この言葉のお陰でもあると思います。改めて、ありがとうございます。

これからもどんどん挑戦していきます。

 

 

 

 

0 コメント

2018年

2月

13日

和紙プリントご依頼

皆さんこんにちわ。

 

業務連絡的で申し訳ありません。

先日、私に和紙プリントのご依頼を頂きましたお客様へ。

 

大変申し訳ございません。頂戴しましたお問い合わせに記載されておりますメールアドレスが有効なものではないようです。

ご確認の上、再度お問い合わせよりご連絡頂ければと思います。

 

宜しくどうぞお願い致します。

0 コメント

2018年

2月

11日

冬の花火(手持ち・流し撮り)

皆さんこんにちわ。

 

昨日は急遽、お仕事のおやすみを貰えたので「ウィンターフェスティバルin昭和村」へと花火撮影に行ってきました。

 

冬の花火撮影は初めてだったのですが・・・雪に埋もれたり崖で滑ったり寒かったり、花火に近すぎて怖かったりで大変でした(笑)

 

ただ、自身の花火撮影のテーマである「火の鳥(FireBird)」と「爆発(Explosion)」はけっこう良い感じに撮れました。

 

今回はいつもよりも花火に近かったので「Helios44 58mm F2」というオールドレンズを使ってみました。

全て手持ち撮影、長秒露光による流し撮りで一発撮りです。

右上の写真は「無調整JPG現像」でいわゆる撮って出し状態。

 

次にどんな花火がくるかも分からない状態で、どのようにカメラを動かせばどんなものがどう映るのか分からない状況なので勘を頼りに何百枚と撮影します。

そうした中で極稀に出会える「生命が宿ったかのように躍動する火花」の1枚。

 

こういう1枚に出会えると、本当に写真をやっていて良かったなと実感します。

 

0 コメント

2018年

2月

06日

サイト容量について

皆さんこんにちわ。

大変ご無沙汰いたしております。

 

どうも年末年始の辺りから私が使用している現サイトの容量オーバーが警告されまして(汗)

 

ブログだけを他サイトに移設しようと色々かんがえていたのですが・・・どうも閲覧や使い勝手が今ひとつのよう。

 

そこで、こちらのブログの過去記事を少しずつ削りつつ新しい記事を書こう。という事に落ち着きました。

 

このサイトを見に来て下さっている方々や生徒のみんなにも不便をかけたくないですし。

それでは、今後共宜しくどうぞお願い致します。

0 コメント

2017年

12月

11日

熱意

皆さんこんにちわ。

 

ここの所、当デジカメ教室に遠方より通って下さる生徒さんが増えております!

とても嬉しいことですし、私の写真や案内を見てそんな風に考えて頂けることに心から感謝です。

ありがとうございます。

 

先日は福島県より「実家が群馬なので実家に戻る際に教室に通いたい。」といらっしゃって頂きました。

毎月横浜市から電車でいらっしゃり、じっくり3時間授業を受けていって下さる方もおられます。

 

もちろん地元の方でも遠方からの方でも教える熱量には差はつけておりませんが、来て下さった方の「?」を解明し「次の1枚はもっともっと良い1枚にしたい!」という熱意に応えられるように私もますます頑張っていきたいなと思います。

 

 

0 コメント

2017年

11月

29日

生方記念文庫・企画展示

皆さんこんにちわ。

 

お陰様で10月13日より「生方記念文庫」にて開催しております企画展「静寂 -短歌と写真が織り成す美しい世界-」への来場者数が例年と比べてもかなり増えているそうです。

 

私の生徒さんも「先生行ってきました。和紙の作品とても素晴らしかったです。」とご報告下さり、生方たつゑさんの短歌と私の作品とのコラボの評判は上々なよう。

 

また、先日は私の両親も行ってくれまして。

「お前、ものすごい歌人さんの短歌と一緒に展示してるんだね・・・展示の内容も素晴らしいし感動した。」

と珍しくべた褒め。

とても誇らしいと感じて貰えたようで・・・個人的に「カメラで食べていきたい。」なんて無謀な事を言い始めた息子として少しは孝行出来たかなと感じました。

 

今回の企画を立て作品選出や会場設営を1手に引き受けて下さった生方記念文庫さん、学芸員の手塚さん、本当にありがとうございます。

またこれまでにご来場下さった方々、応援して下さる皆さん、本当にありがとうございます。

 

展示期間は12月12日までとまだ少しございますのでこれまで以上に沢山の方にご高覧頂けましたら嬉しく思います。

宜しくどうぞお願い致します。

 

                                 写真家 長瀬 正太

 

0 コメント

2017年

10月

30日

伝達

オリジナル
オリジナル
長瀬流銀残し
長瀬流銀残し

皆さん、こんにちわ。

 

先日セミナーでお教えした手法を早速実践・試行錯誤して下さっているが。

う~ん銀残し後の写真も素晴らしいですし色々な試行錯誤もなさっているようでとても嬉しいです。

マクロでの銀残しは自身でも難しいという印象でしたが私も再研究したくなってきました。

 

ちょっと偉そうな言い方になってしまいますが、お教えした事もただ聞いただけではそれはただの情報。

実際に自分で経験し実証して初めて身になるのだと思います。

 

ぜひこれからも悩み、試行錯誤を繰り返していって欲しいですね。

他にも「やってみたよ~。」という情報、お待ちしております!

 

0 コメント

2017年

10月

18日

初の都内セミナーを終えて・・・。

皆さんこんばんわ。

 

去る10/14(土)に東京都内は目黒の会場にて「風景写真セミナー」を開催させて頂きました。

ご来場下さいました皆さん、本当にありがとうございました。

 

ヒーコというページが元々ポートレートやスナップ写真の記事が多いサイトだったので「風景写真」でどこまで集まって頂けるか、と内心ヒヤヒヤしておりました。

が、蓋を開けてみれば後半になるにしたがって申込みが増えまして結果としては増席させて頂くほどのお申込みを頂きました。本当にありがとうございます。

 

さて、内容としてはもう本当に皆さんが熱心で真剣な方ばかりで・・・講師としては申し訳ないくらい楽しかったです。

手応えに関しても私自身がかなり感覚的に撮影をしている事もあり、ヒーコ責任者とは「いかに分かりやすく伝えるか。」と内容と資料に苦慮致しましたがその甲斐も十分にあったのかと思います。

特に質疑応答では時間オーバーして閉会後も詰め寄って頂き「もっと、もっと知りたいんだ。」という情熱が伝わってまいりました。

 

特に多かったのは「画面の端の切り方」や「レタッチの正解の探し方」「こういう事はやっちゃってもいいんですか?」的な質問でしょうか。

 

これらは人それぞれの考え方や答えを出すルーチンがあると思いますが、私の積み重ねてきた経験で出した答えが少しでも皆さんの道標になればと思い一生懸命に回答させて頂きました。

これからの撮影に活かして頂ければ幸いです。

 

 

P.S. また、まだまだ色々な企画もしていきたいなと思っておりますが今回のセミナーも参加したかったけど残念ながら参加出来なかった。という方はぜひヒーコ様にリクエストをお願い致します(笑)

 

 

 

0 コメント

2017年

10月

02日

生方記念文庫

群馬県沼田市公営文化施設「生方記念文庫」にて企画展示を行わせて頂きます。

 

静寂 -短歌と写真が織り成す美しい世界-
2017-10-13(金)~12-12(火)

・9:30~17:00

・水曜日休館(11/24も休)

・観覧料 大人320円 小人160円
http://www.city.numata.gunma.jp/…/bunka/1006877/1001838.html

 

”「独特の硬質の抒情詩」と言われた生方たつゑの短歌と合わせて展示するのは前橋市在住の写真家長瀬正太氏の風景写真である。長瀬氏の風景写真は自然の儚い一瞬をとらえていてその作品は抒情的で見るものはその詩的空間の中に引き込まれる。また和紙に印刷するという技法を取るため和紙の持つ柔らかさや温かみがあり、かつ作品がより優美で幻想的な雰囲気となりより一層たつゑの短歌の世界を堪能してもらえることであろう。長瀬氏が撮影する静寂な風景の中でこそ生方たつゑの心の叫びが見る者の心に響いてくる”
(企画展ポスターより抜粋)

 

また11/18(土)は13:00より私によるデジカメ教室&ギャラリートークも開催致します。(要予約)
ご希望の方は長瀬までメッセージをお願い致します。

 

長瀬 正太

0 コメント

2017年

9月

20日

ヒーコ1周年記念トークショー

皆さんこんにちわ。

 

台風の最中での開催となってしまったヒーコ1周年記念トークショー、ご参加下さった皆様本当にありがとうございました。

 

東日本は比較的大丈夫なようでしたが西日本は荒天でトークショー終了後に地元滋賀へ戻られた別所隆弘さんは名古屋で足止めをくらってしまったそうです(泣)

 

そんな中トークショーには80人以上の参加者が集まって下さり会場内は熱気むんむんになっておりました。

 

そこで今回私は「白のヒーコ」の一人として 浅岡省一さん・別所隆弘さん・富久浩二さん・宇賀地尚子さん と一緒に登壇させて頂きました。

 

テーマが「良い写真とは?」という難しいお題でしたけれども、乗っけから美味しんぼネタでいきなりテンションマックスな別所さんがいたり、いつでもほんわかトークで会場を和ませる宇賀地さんがいたりと終始笑いの尽きない1時間でした(笑)

 

そんな中私は「良い写真とは?」というのも人それぞれだと思いとにかく自分自身にとっての「良い写真」を話しました。

 

私にとっての「良い写真」とは・・・「写真でしか表現できないものが伝わる写真」

これは初めてマクロレンズで野の花を撮ったときから変わらないのですが・・・まさに「こんな世界があったのか!」という予想を超えた世界が映されている写真こそが私にとっての良い写真なんです。

 

そういう意味でも風景を撮る私と別所さんで、かたや望遠レンズばかり、かたや広角レンズばかりという話題では盛り上がりました。

たぶんきっと全く同じ場所に立ってもお互いの見る世界観、探している世界は違うのでしょうね。

この辺りのことはトークショー後の懇親会でも沢山の方に質問を頂いたのでいずれヒーコで記事に出来たらなと思っております。

 

また、終始色々な所で来月行う私の風景写真セミナーについてもご紹介して下さり嬉しかったです。

「最後に一言セミナーについて喋ろうか。」と言われていたので終盤ずっと考えていたのですが・・・気がついたら黒田さんの締めの挨拶になっていたのは今はもう良い思い出です・・・キラッ(涙

 

ということで

【セミナー】10/14(土)感動を写真に乗せよう!長瀬流・風景写真セミナー 撮影&レタッチ【基本編】

開催を予定しておりますので、風景写真をされる方はぜひ!!

 

0 コメント

2017年

9月

14日

ヒーコにて風景写真セミナー開催

蒼流(そうりゅう)
蒼流(そうりゅう)

皆さん、こんばんわ。

 

ご無沙汰致しております(汗)

今回は今まで必死になって準備を進めてまいりましたヒーコでの風景写真セミナーのご紹介です。

 

都内でも初。ヒーコでのセミナーも初。ということで相当に気合い入っております。

 

今回は特に初心者から中級者に向けてのセミナーとなります。

風景撮影時の一連の考え方や動き方、作品に仕上げるまでのレタッチの全体的な流れなどを分かりやすく解説致します。

 

おまけ要素としては「ペンタブレットを使用した繊細な焼き込み覆い焼き法」や「独自の銀残し法」なども初公開!

 

今回、東京カメラ部10選でもありヒーコのボスでもある黒田さんと綿密な打ち合わせと試行錯誤を重ねて作成したとても分かりやすいPDF資料も配布致します。

 

これからの紅葉シーズンや霧氷シーズンに向けても活かしやすいセミナーだと思いますので、ご興味のある方は是非!

 

詳細情報やお申込みはこちらからどうぞ

 

0 コメント

2017年

8月

19日

Fireworks series:Phoenix

 

8/12に行われました「前橋花火大会」を撮影に行ってきました。

例年通り長秒露光の手持ち撮影でしたが、数年前からテーマにしている「Phoenix」がなかなか良い感じに撮れるようになってまいりました。

 

このテーマ、たまたま花火の流し撮りをしていた際に「お、火の鳥っぽい。」という一枚に出会えた事がキッカケです。

幼少の頃より手塚治虫先生の「火の鳥」が大好きだった私は「このテーマでもっと沢山撮りたい。」と考えるようになりました。

 

「火の鳥」「鳳凰」「フェニックス」となん通りもの呼び名があったり、某有名RPGでは生き返りのアイテムが「フェニックスの尾」だったりと、空想上の生物の中でも龍(竜)などと並んでイメージしやすく親しみ深い鳥なのではないでしょうか。

 

私の中にある「Phoenix」のイメージと見て下さる皆さんのイメージがリンクするなら・・・嬉しいです。

 

0 コメント

2017年

8月

15日

和紙作品の納品

「蒼(そう)」原版写真データ
「蒼(そう)」原版写真データ

皆さんこんばんわ。

 

報告が遅くなってしまったのですが、つい先日「新前橋かしま眼科形成外科クリニック」様に和紙の新作をお納めさせて頂きました。

鹿嶋院長、この度はご依頼本当にありがとうございました。

 

我褒めながら診察室の雰囲気もぐっと開放感が出ましたし、鹿嶋院長が仰っていた「窓から外の光景を見ているような臨場感」も出たのではないでしょうか。

作品も殊の外喜んで頂けたようなのでとても嬉しかったです。

 

 

さて、今回は600×1410(mm)という和紙ロール紙を使用した過去最大のプリントでした。

さらに「アルポリック加工」という写真の裏打ち及び額装を都内の業者さんに外注致しました。

その際「とある寸法を超えると輸送費が若干上がってしまう。」という事が分かり鹿嶋院長にご相談。

 

私自身は「数cm大きさを変えただけでこれだけ費用が変わるなら少し小さめにしますか・・・。」などとご提案したのですが。

 

鹿嶋院長からは

「長瀬先生、お金のことは考えなくていいから、このクリニックに合うかどうかだけ考えて。」

「おっきくいきましょうよ!」

と。

 

いやぁ・・・作家として恥ずかしい反面、本当に嬉しい一言でした。

 

いままで「出来得る限り最高の自己表現を」と意識してやってきましたが、作品販売をするにあたり「ではコストは?お客様はこの価格で納得するのか?」などとどうしても考えてしまいます。

ですが、院長の言葉に「本当に大事なことは何か」と改めて気づかせて頂きました。

ありがとうございます。

 

これからも「自身の出来得る限り最大限のこだわりを込めた作品作り」を心掛けてさらにさらに精進したいなと思います。

 

 

0 コメント

2017年

7月

27日

「覚満淵風景撮影会」

皆さん、こんにちわ。

 

先日行いました「覚満淵風景撮影会」ご参加くださった皆様大変お疲れ様でした。

 

覚満淵への道中では霧がモウモウと湧いていて、現地入り前にも覚満淵が霧に覆われていたので「これは霧がすごいかも。」と期待したのですが・・・残念ながら霧は撮影開始と同時位に山の上の方へと上がっていってしまいました。

 

風景の撮影では、狙っている条件が揃わないことの方が多いのですが、遠方からいらっしゃって下さった方も居たのでちょっと残念でした(泣)

 

ただ、真っ暗な状態からの撮影の手順や、そういった状況での被写体の探し方、デメリットをいかにメリットにするのか。そんなことを感じて貰えたのではないでしょうか。

(ある意味、これが出来ればいつどこへ行ってどんな状況でも何かしら成果を得る事が出来ますが。)

 

私自身、参加者の方が「あえて風が作る漣を活かして絵作りした一枚」には新しい発見と感動を受けました。

そして早速私も真似するという(ボソッ)

 

こういった撮影会では色々な方の様々な目線や考えもつかないような一枚に出会えるのが楽しいですね。

出来る限り参加者の全員でそんな多様性も共有できたらなと考えています。

 

また、やはりもっともっと良い条件で撮るためには地元であれ有名な撮影地であれ、通っていただきたい。

素晴らしい一瞬は「その瞬間に現場に立ち、シャッターを切った人」にしか訪れないのですから。

 

 

※またちょこちょこと企画いたしますので今後共宜しくどうぞお願い致します!

 

0 コメント

2017年

7月

17日

「長瀬正太デジカメ写真クラブ」開催!

「先生、逆光です!」と言われつつも「後で何とかします(笑)」と参加者さんにコンデジで撮ってもらいました(汗)
「先生、逆光です!」と言われつつも「後で何とかします(笑)」と参加者さんにコンデジで撮ってもらいました(汗)

皆さんこんにちわ。

 

遂に、といいますか、ようやく、といいますか・・・「長瀬正太デジカメ写真クラブ」の初講習会を開催する事が出来ました。

 

ご参加いただきましたメンバーの皆さん、本当にありがとうございました!

 

いやぁ、3時間何やろうかなぁと色々準備はしていったのですが・・・やはり写真のお話となると楽しくって時間が足りないくらいでした(笑)

 

メンバーの皆さんは「人に写真を見てもらうのって楽しい!」ですとか「人の写真を見るのって刺激になる。」なんて。

そうなんです、写真は「見てもらう」「沢山見る」と学べることやモチベーションがうなぎのぼりになるんです。

(なので、密かに一番刺激を貰っているのは実は講師の私なんですが・・・ボソッ)

 

またメンバーそれぞれの好きな写真・写真家や撮影地情報、知りたい事、分からない事などを解説し、お互いに情報共有出来るのはこういった場ならではのことではないでしょうか。

 

まさにこれからのシーズンである「花火」の写真解説が駆け足になってしまったのは大変申し訳ありませんでした(泣)

配布した資料を「次の撮影」「来月の撮影」などに活かして貰えたらなと思います。

 

また「次の講習会ではもっと良い写真を皆に見て貰いたい。」なんて思いながら暑い夏の撮影を一緒に乗り切っていきたいですね。

 

さてさて、まだまだよちよち歩きなクラブではありますがこれからもどんどん参加メンバーを募集いたしております。

 

少しでも沢山の方に「写真って本当に楽しい!」と笑顔になって貰えるようにこれからも頑張りたいと思いますので、宜しくどうぞお願い致します。

 

0 コメント

2017年

7月

05日

長瀬正太写真クラブ、始動!

皆さんこんにちは。

 

以前お伝えさせて頂きました「長瀬正太デジカメ写真クラブ」の初講習会の日程が決まりました。

 

7/15(土)13:00~16:00

「ライフアップスクエアアイズ2F・ROOM4」

 

にて開催致します!

 

詳細はこちらを御覧ください。

 

 

「写真は絶対うまくなる。もっともっと楽しくなる!」

をモットーに楽しいクラブになるように頑張ります。

皆さんのご参加を心よりお待ち致しております!

 

0 コメント

2017年

6月

18日

そこに立つ意味

WB「晴天」で撮影後、無修正Jpeg変換(撮って出し)
WB「晴天」で撮影後、無修正Jpeg変換(撮って出し)

6月16日早朝 AM4:03:34

覚満淵は霧に囲まれてとても幻想的な一瞬を見せてくれました。

 

私の横には

「うわぁ・・・こんな綺麗な場所が本当にあるんだね。」

と声を弾ませる女性が一人。

 

その方は、ご高齢と大病と震災と様々な苦難を乗り越えてこの場所にやってきました。

 

兵庫から。

 

最初に私が連絡を頂いた時は「一度でいいから覚満淵で撮影してみたい。」という一言でした。

詳しく聞いてみると、以前私が寄稿させていただいた「デジタルカメラマガジン2014年9月号」での特集「写真家おすすめの朝の絶景スポット・覚満淵」を読み、なんとしても自分も一度そこへ立ってみたかった。のだと。

 

実際には私は団体での撮影会としてはご案内していましたが、個人でのご案内はしたこともする予定もありませんでした。

ただ、電車で兵庫から群馬までいらっしゃりビジネスホテルに前泊してでも行きたい。という気合いに押されたのです。

 

ただ、せっかくいらっしゃって頂いても相手は自然。

最悪霧が出ないかもしれない・・・突然の大雨や強風などで撮影すら出来ないかもしれない。という不安もありました。

 

が・・・覚満淵はこのような一瞬を見せてくれたのです。

 

そのような状況の中、私はなによりもその方が「本当に綺麗だね。」「こんな風に見える時間があるんだね。」「素晴らしい。」「美しい。」としきりに感動している姿に・・・感動してしまいました。

 

 

かの宮﨑駿監督も「気付かないだけで世界は本当に美しい。」と仰られていました。

この方のそんな後ろ姿を見ていて・・・改めて、私もその美しさに気付かせて貰いました。 

 

「次は地元の風景をもっともっと撮ってみたい。」と仰られていたこの方が、これからどのような世界を目にするのか、今から楽しみです。

 

6 コメント

2017年

6月

16日

ヒーコにて新しい記事「手持ちでも安心!長瀬流 マクロ撮影のコツ」が公開されました。

皆さんこんばんわ。

 

昨日、ヒーコにて「手持ちでも安心!長瀬流マクロ撮影のコツ」という記事が公開されました。

 

今まさにマクロに夢中という方も、マクロってちょっと難しそうだけど面白そうだなぁと思っている方も、私自身が培ってきたマクロ撮影のコツを一生懸命まとめましたのでぜひともご一読下さい。

 

望遠マクロや超望遠ズームレンズなどでの手持ち撮影のコツなども書いてありますから皆で腕力を鍛えてマクロ撮影を楽しみましょう(笑)

 

0 コメント

2017年

6月

14日

6/17(土)荻窪公園マクロ撮影会の下見に行ってきました。

皆さん、こんばんわ。

 

昨日、6月17日(土)マクロ撮影会の下見に行ってまいりました。

荻窪公園の紫陽花、まだ咲いていない花もけっこうありますが咲き始めの初々しくて小さな花が多いのでとても撮りやすかったです。

 

少し前にチェックした時には雨予報だった週末も天気大丈夫そうですし、今から私も楽しみです。

参加予定者さん8名となりましたが、まだ若干名追加でも大丈夫です。

詳細はこちらをどうぞ。

 

宜しくどうぞお願い致します!

 

0 コメント

2017年

6月

05日

Facebook「Macro World」にてシェアして頂きました♪

皆さんこんにちわ。

 

気付かなかったのですが・・・つい最近Facebook・東京カメラ部分室・「Macro World」にて初めてのシェアを頂きました!

 

東京カメラ部と各分室にちょこちょこと投稿しているのですが・・・富士山に引き続きマクロでのシェア、とても嬉しいです(泣)

 

えぇまぁ、本命は風景で投稿し続けているんですけどね・・・。

まぁそのうちそのうち(滝汗)

 

この花はカミツレ(カモミール)

大好きな「図書館戦争」というアニメの中で出てきて初めて名前を知りました。

 

お、そういえば・・・「ヒーコ」のマクロチュートリアル記事も編集部の厳し~いチェックを通りましたのでしばらくしましたら公開されます。

 

こちらもどうぞお楽しみに♪

0 コメント

2017年

5月

31日

ナショナルジオグラフィックにて「editors-favorites」を頂きました。

皆さん、こんばんは。

 

自分の中でずっと「ナショナルジオグラフィックさんと私の写真の世界観とは合わないだろうな。」と思っていたのですが・・・なんと本日、2度目の「editors-favorites」を頂くことが出来ました!

 

2回ともつい最近の事なのですが、私自身が「ホーム」と定めて通い続け、撮影会もさせて頂いた覚満淵の写真での選出でした。

 

とにかく最近は様々な海外サイトに投稿しているのですが・・・このように少しでも結果に繋がるというのは、また格別に嬉しいことですね。

 

またさらに私の表現する世界観を海外の方々に見て頂けるよう挑戦し続けたいなと思います。

 

0 コメント

2017年

5月

22日

「風景撮影会in覚満淵」の開催が決定致しました!

皆さん、こんばんわ。

 

お陰様で5/27(土)に予定しております「風景撮影会in覚満淵」の開催が決定致しました!

 

沢山の参加申込み本当にありがとうございます。

正直am2:30現地集合という条件で何人集まって下さるのかとても不安でしたが・・・今現在7名の方が確定しております。

 

まだ若干の余裕(講師としてはややいっぱいいっぱい気味)がございますので追加のご参加も受け付けております(笑)

 

また、先日の土曜日にロケハンに行ってきました。

「ここで霧が出て、来週出なかったら参加者の皆さんにフルボッコにされるかなぁ・・・。」と想像していましたら・・・えぇ、もう想像通りとても良い霧に出会えてしまいました(滝汗)

 

私は「撮って出し」という事はしないのですが、今回の写真は「F5.6・32mm・シャッタースピード10秒・WB太陽光・am3:59撮影」の撮って出し写真になります。

 

実際には月の光(暖色系)の影響を受けているので、27日の新月期に同じ条件になればもっと青くなると思います。

 

あぁ・・・・当日も良い霧が出ますように(祈

 

0 コメント

2017年

5月

19日

5/27(土)群馬県赤城山・覚満淵にて「風景撮影会」

皆さん、こんにちわ。

 

お陰様で先日より応募を開始させて頂いております「風景撮影会」の開催が決定致しました♪

 

am2:30現地集合という事で最低3人くらい来てくれたらいいなぁと思っていたのですが・・・予想以上に集まって下さってちょっと涙目です。

 

これなら、皆でワイワイやっていれば熊鈴なくても大丈夫そうです(笑)

 

まだ多少の参加者の追加は大丈夫ですのでご興味のある方は是非。

 

また、今後も覚満淵やリクエストのあった長野県・高ボッチ高原などでの撮影会も計画出来ればと思っております。

ですので・・・今回都合がつかない。という方もまたの機会には是非。

 

宜しくどうぞお願い致します!

0 コメント

2017年

5月

16日

ヒーコにて新しい記事が掲載されました!(マクロ)

「意思」
「意思」

ヒーコにて新しい記事が掲載されました!

 

今回はマクロ写真のコラムです♪

 

まさに私が初めてデジカメを持った日の恥ずかしい写真なんかも見られます(照

0 コメント

2017年

5月

06日

「五月展」明日より開催です!

「時わすれ」
「時わすれ」

皆さんこんばんわ。

 

本日、毎年恒例となりました合同展「五月展」の設営に行ってまいりました。

 

今回も詩季画材2Fギャラリーにて、油彩画・水彩画などの若手芸術家さんとご一緒させて頂きます。

 

絵画と写真が全く同じ会場内で展示される機会はなかなかないと思いますし、周りの作家陣も現在活躍中の方々ばかりなので面白い展示になっていると思います。

 

GW後の安らぎの時間を過ごしにいらっしゃって頂けたら嬉しいです。

 

0 コメント

2017年

4月

30日

東京カメラ部2017写真展

「風の記憶」
「風の記憶」

皆さんこんばんわ。

 

さて、先日4/29(金)より始まりました「東京カメラ部2017写真展」

仕事のお休みを頂けたので5/4(木)に渋谷ヒカリエまで観に行きたいなと思います。

 

まぁ、私の写真は展示されていないんですけれどもね(汗)

 

ただ一緒にお仕事をさせていただいている写真サイト「ヒーコ」のメンバーの方々が写真展示はもちろん、わんさかとトークイベントなどもやられるそうなので・・・これはもう是非とも勉強しに行かねばなと。

 

たぶん5/4(木)はお昼前から一日中会場内をキョロキョロとうろついておりますのでお知り合いの方がいらっしゃれば是非ともお声がけ下さい。

 

約1,200点もの写真が展示されているそうですし、新しい刺激や出会いがあると良いなぁ。

そして・・・・来年は自分もあちら側に立てるようにしっかりと目標を見据えてきます。

 

0 コメント

2017年

4月

24日

花筏2

皆さん、こんばんわ。

 

去年辺りから桜の花びらの撮影に焦点を当てているのですが・・・自然はなかなか自分の思ったようには動いてくれなくて難しいですね(汗)

 

今回は「日没直後の青い光を捕まえる」「わりと広角側で撮ってみる」「辰野清先生の仰っていた5~10秒のSSを試してみる」の3点で挑戦。

 

あまりに青く濃い色合いになってしまったのでかなり色味を抜いてみましたが・・・私の中の桜のイメージには近づいたのかなぁと。

 

まだまだ試行錯誤は続く・・・。

 

2 コメント

2017年

4月

17日

6時間

皆さんこんばんわ。

 

昨日はなんと神奈川県川崎市からわざわざ群馬の私の教室にいらっしゃって下さった方との集中レッスンでした。

 

「途中、休憩も取りますからね。」とは伝えていたのですが・・・結局6時間ぶっ通し。

お互いに写真好き同士、喋りだしたら止まりませんね(笑)

 

事前に「今もっとも知りたいこと」や「私の写真について聞いてみたいこと」などを書き出しておいて貰ったのもありますが、知りたい!という強い気持ちが伝わってきたので私も真剣に解説。

 

せっかくだから兄のカレー屋さんでご飯食べていきますかとお伺いしたら「その時間があればもっとお話を伺いたい。」とも。

 

私が一生懸命に集めたり実証してきた自身の写真経験がお役に立てること、ご飯も忘れて熱中し「知りたかったことが分かりました。明日からの撮影が変わりそうです。」と喜んで貰えること。

・・・本当に嬉しいことだなぁと感じた1日でした。

 

もちろん、日々いらっしゃって下さる教室の皆さんの熱意も感じておりますからね~(汗)

 

2 コメント

2017年

4月

15日

花筏(はないかだ)

皆さん、こんばんわ。

 

3日ほど前に「群馬県・高崎城址公園」にて花筏の写真を撮影に行って参りました。

いつも花筏を撮りたいなぁと思いつつも・・・なんとなく撮りそびれておりまして。

色々な方の花筏の写真を見ては羨ましく思っていたのですが・・・いやぁ、花筏の写真って

すごい難しいですね。

 

花びらはちっとも思っている方向へ流れてくれないですし、あんまり乗り出すと三脚からカメラ外れてお堀にダイビングしそうで怖いですし(汗)

 

でも、自然相手だからこその難しさがあり、だからこその楽しさがありますね。

やはり写真撮影はいつも驚きと感動があります。

0 コメント

2017年

4月

11日

「シャッタースピードで変わる水の表現」byヒーコ

「魂の彼岸」
「魂の彼岸」

皆さんこんばんわ。

 

せっかくの雨予報だったので雨霧と桜を期待して栃木県は大平山まで行ったのに霧に出会えなくて駐車場で2時間ふて寝して帰ってきた風景写真家です(泣)

 

本日、ヒーコにて私の書いた記事

「シャッタースピードで変わる水の表現」

が公開となります。

 

私が風景を撮影に出掛ける際にとても重要視している大事な内容だと思いますので、是非ともご一読頂けたらなと!

 

花筏の長秒露光も撮影に行きたいです!!

2 コメント

更新情報

フェイスブック登録も宜しければ是非。

 

  - 最終更新 -

2018.2.20

※TOP&ブログ

 

※ブログにて和紙プリントご依頼のお客様へのお願い。